投稿

モデルが見えない時に確認する箇所で打線組んでみた

モデルが平面ビューで見えない! 3Dビューでは見えるのに 平面ビューで見えない! 表示されないのには訳があります 1 カテゴリのチェックが外れている 2 ビュー範囲から外れている 3 部分切断領域が掛かっている 4 フィルタで非表示にしている 5 ビューで要素を選択して非表示 6 フェーズの違いで非表示 7 他のモデルで隠されている 8 ワークセットで非表示 9   トリミングの範囲外で非表示 補1  断面線の表示 補2 詳細レベルで非表示設定になっている 補3 ラインワーク(線種変更) 補4 ビューの専門分野 補5   デザインオプション 補6   ワークセット 準備体操 ■とりあえず電球をクリックしてもし、リビール側に要素があれば1か5が原因 ■要素がある辺りに部分切断領域があるか確認してください。(リビール側も!)あれば3が原因かも ■トリミングのオンオフもしてみてください。9 上記でだいたい当りをつけてから原因を探ると早くゴールに辿り着けるかもですwww 1 カテゴリのチェックが外れている [表示/グラフィックスの上書き]の[モデルカテゴリ]タブ ※このダイアログがグレーアウトして編集不可の場合は、ビューテンプレート側でコントロールされています。 2 ビュー範囲から外れている 殆んどのモデルはビューの②切断面~③下(④ビューの奥行き)の間にあれば表示される カテゴリにより一部例外もあります ビュー範囲の切断面より上部にある要素でも、カテゴリによっては表示される 表示されるカテゴリ:窓、収納設備、一般モデル Revit HELP↓ 3 部分切断領域が掛かっている 設定したビュー範囲からモデルが外れている 4 フィルタで非表示にしている ビューごとにフィルタの設定ができ、表示のチェックをオフすれば非表示になります 5 ビューで要素を選択して非表示 非表示にする要素を選択して右クリック⇒ビューで非表示⇒要素(カテゴリ) ※ビューテンプレートがあてられている場合はカテゴリは選択できません 非表示の解除の仕方 reveal(リビール)訳は<隠

その記号なに?

イメージ
記号が表示されてるけどナニコレ(@_@)ってなるやつをまとめてみました ■ホストを指定 タグのホストが不明になってしまった時に出現。 リンクした要素にタグ付けした時などにお見かけします。対応策としてはとこの現象が起きるビューはリンク元でタグを配置したビューを作成しそのままリンク先で表示する。などがあると思います。プリントごっこみたいな記号で草   ■ワークセット ワークセットのオーナー以外の人が作業する時に表示されます。 ■コピーモニタ リンクモデルの要素とモニタ関係にある要素に表示されます。 ■フリップマーク ファミリに仕込まれている機能で要素を反転する時にクリックします。 システムファミリの壁とかコンポーネントファミリの建具等でよく使います。 ■ピン 座標に対してロックをかけます。 要素にロックをかけるとその場所から移動できない状態になります。 ■寸法 クリックすると仮寸法を寸法に変えることができます。 ファミリを作成する時に直径をあてたい時などに使っています。 ■ロック鍵 寸法値をロックすると、値が変更できなくなります。 また見つけたら追加します Revit2022

続・嬉しすぎるRevit2022の新機能

イメージ
2022のアップグレードは私の心の中を覗いたの? と思うくらい沢山の(私の)要望に応えてくれました。ありがとうAUTODESKぅ💓 その1~7は こちら その8 集計キーで共有パラメータが使える 2021までは集計キーで共有パラメータの利用ができず、何度も悔し涙を流しましたが2022からそんな涙はもう流しません! 集計キーのパラメータ作成ダイアログを表示すると「共有パラメータ」が利用可能になっています☆彡 ↑Revit 2022 Revit 2021までは下図の様に共有パラメータの部分がグレーアウトして選択不可でした 涙 その9 マルチカテゴリの集計表で・・ 2021までのマルチカテゴリの集計表はロード可能なファミリのみ対応していましたが 2022からは、床、壁、天井、屋根、階段、手すり等のシステムファミリも対象となりました。マルチカテゴリ集計表は個人的には今まで利用したことがありませんでしたが、窓とカーテンウォールが一緒に集計で・き・るとか考えると色々夢が広がります(*‘∀‘) そしてそして まずは2021までのマルチカテゴリの集計表をのダイアログを見ていただきたい↓ お馴染みの集計表プロパティのフィールドの状態ですよね。 2022ではな、な、なんとステキなフィルタ機能が追加されています。 パラメータのタイプでもフィルタリングができるんです👍 これ、結構ありがたい。 その10 タグから複数の引き出し線 今までこの機能が無かったので、タグを同じ場所で重ねて複数の引き出し線があるような感じにして利用していましたが、もうそんな子供だましみたいな手は必要ありません。 値の違うものを選択した場合は<各種>と表示されます  各種って草 その11 PDFのエクスポート PDFのネイティブ出力は前回も書いたのですが、補足です。ハイパーリンク機能がデフォルトで付いています。 今まで利用していた(無料の)PDFプリンタにはない機能だったので嬉しいです。 Revitで何に対応できるのかというとコールアウトに対応しています。コールアウトってものすごく便利だと思うのに出力すると絵に描いた餅になってしまい、残念に思っていました。でも、もう大丈夫ですね💪 こんなに、まとめてステキなアップグレードを行ってくれたのはやはり昨年の イギリスでの行動 が影響しているのだろうか?もしそ

嬉しすぎるRevit2022の新機能

イメージ
2022で追加された新機能がいい感じです。明日から使いたいです。マジで 壁の機能が進化しました その1 壁のサブカテ追加! ずっと悩みの種だった複層壁の仕上げを表示せず躯体だけを表示したい場合どうするか問題が、躯体境界の外側のサブカテゴリ「非躯体レイヤ」が追加されたことで解決です! これからは複層壁の躯体境界の内側だけを表示する事ができます。 嬉しすぎてビデオ撮影△を2回クリックしてね 【重要】二次元のビューでのコントロールなので、3Ⅾビューには対応していません。悪しからず・・・(~_~;) その2 壁の断面をコントロール! 「テーパー付き」により壁の角度が設定できるようになりました。 その3 集計表のフィルタに遂に・・ 時にイラつき、そして涙した「タイプ」「ファミリ」「ファミリとタイプ」でのフィルタリングが可能になりました!今まで無かったのが不思議ですよね じゃーん その4 シート間で集計表を分割 集計表が長く、シート何枚かに分散させる場合に集計表の中であらかじめ分割して配置する事ができるようになりました。 現状ではページパラメータを作って対応してました・・ 分割配置するシートを選択 その5 通り芯を3Ⅾビューで表示wwww これずっと欲しかった。DWGをリンクとかもう不要ですね その6 PDF(2Ⅾ)出力が標準機能に追加される PDFはBIM360との相性もすごくいいし使えそう! その7 地味ですが・・ 2021までは値の異なるファミリを複数選択すると、値の欄は空欄になっていましたが2022からは値の欄に<各種>が表示されるようになりました。 各種ってダサッと思われたオサレな方にはカスタマイズの方法も用意されています。 その他にも色々な機能が強化されています。詳しくは こちら からどうぞ☆彡 今回のアップグレードは何故この機能ないのよ?っていう心の隙間を沢山埋めてくれました。パソコンの容量がパンパンなので。。。もう2022にしちゃいたい(-_-;) 進撃は終わってしまったけどRevit2022は快進撃 Revit2022