投稿

モデルが見えない時に確認する箇所で打線組んでみた

モデルが平面ビューで見えない! 3Dビューでは見えるのに 平面ビューで見えない! 表示されないのには訳があります 1 カテゴリのチェックが外れている 2 ビュー範囲から外れている 3 部分切断領域が掛かっている 4 フィルタで非表示にしている 5 ビューで要素を選択して非表示 6 フェーズの違いで非表示 7 他のモデルで隠されている 8 ワークセットで非表示 9   トリミングの範囲外で非表示 補1  断面線の表示 補2 詳細レベルで非表示設定になっている 補3 ラインワーク(線種変更) 補4 ビューの専門分野 補5   デザインオプション 補6   ワークセット 準備体操 ■とりあえず電球をクリックしてもし、リビール側に要素があれば1か5が原因 ■要素がある辺りに部分切断領域があるか確認してください。(リビール側も!)あれば3が原因かも ■トリミングのオンオフもしてみてください。9 上記でだいたい当りをつけてから原因を探ると早くゴールに辿り着けるかもですwww 1 カテゴリのチェックが外れている [表示/グラフィックスの上書き]の[モデルカテゴリ]タブ ※このダイアログがグレーアウトして編集不可の場合は、ビューテンプレート側でコントロールされています。 2 ビュー範囲から外れている 殆んどのモデルはビューの②切断面~③下(④ビューの奥行き)の間にあれば表示される カテゴリにより一部例外もあります ビュー範囲の切断面より上部にある要素でも、カテゴリによっては表示される 表示されるカテゴリ:窓、収納設備、一般モデル Revit HELP↓ 3 部分切断領域が掛かっている 設定したビュー範囲からモデルが外れている 4 フィルタで非表示にしている ビューごとにフィルタの設定ができ、表示のチェックをオフすれば非表示になります 5 ビューで要素を選択して非表示 非表示にする要素を選択して右クリック⇒ビューで非表示⇒要素(カテゴリ) ※ビューテンプレートがあてられている場合はカテゴリは選択できません 非表示の解除の仕方 reveal(リビール)訳は<隠

おススメBIMサイト

イメージ
 私ごときがお勧めするなんておこがましいですがステキなBIMのサイトを紹介します。 BIM GATE 既に知ってるよ!という方も多くいらっしゃると思いますが2022/03/31にできたばかりの日本建築士事務所協会連合会(日事連)が作成したBIMのポータルサイトです。 設計のエンジニアだけではなく、学生や建築主に至るまでとても幅広い層を対象にしているサイトなので専門的な内容がとても分かり易く掲載されています。興味を引く内容が満載ですので是非一度ポチっと押してみてください。 お気に入りに登録しちゃいました💗 Revit2022

Revit2023登場

イメージ
気になった更新を書き出してみました。細かくはもっと沢山あるので詳しくは こちら をご覧ください。 ロゴもイメチェン 一瞬キーボードのキーに見えた その1 ファミリ編集で塗り潰し領域が使える あれ、使えないの?Σ(゚Д゚) 3Ⅾファミリを編集している時に塗り潰し領域が使えない事に驚いたことはありませんか。もちろん詳細項目ファミリをネストすれば使えるから特に問題ないよって方もいらっしゃると思いますがファミリ内で使えるのはやはり便利ですよね。 ※ちなみに3Ⅾビューでは塗り潰しは表示されません、一応念のため。 2023の注釈タブのリボン 2022までの注釈タブのリボン   その2 プロジェクトブラウザの表示 プロジェクトブラウザにビューがシートに配置されているか否かのアイコンが表示できるようになりました。 青がシートに配置済みのビューで、灰色が未配置のビュー いやいやそんなの要らないです!っていう方は「ブラウザ構成」ツール下段の「シートの配置状況をアイコンに表示」のチェックをオフにすれば ■ /□を非表示にできます。 その3 3Dビューで2点間を測定 3Dビューで定規のアイコンの「2点間を測定」ツールが使えるようになりました。寸法での計測は向きが変わると作業面の設定をし直さなければならず面倒くさかったのが解消されます。よっし! 上図のように連続で計測する場合はオプションバーの連結にチェックを入れます その4 ファミリの仮寸法 共有ファミリをネストしたファミリは、仮寸法が表示されませんでしたが2023からは表示される様になりました。地味に嬉しい(*^^)v ちょっとマニアックな話題です その代わりオプションにあった「寸法のアクティブ化」ツールはなくなりました。 ~2022までのオプション 2023には寸法のアクティブ化ボタンがない その5 今回一番の衝撃 造作工事カテゴリのコンポーネントファミリはプロジェクトで結合ができるようになりました。造作工事ファミリ同士はもちろんですが壁や床などの他のカテゴリも結合できます。使い道はよく分かりませんがそんな事できるんだという衝撃でした 上図は元は直方体の造作工事ファミリが床と結合して一部が床に切りかかれている状態 それにしても造作工事っていつまでたっても馴染めないカテゴリ名だな(-_-メ) その6 壁のフィルタリング 壁が上下のオフセッ

アセンブリとアセンブリコード

イメージ
ふたつのアセンブリ Revitの中にはアセンブリと名の付くものが2つあります。 ひとつは修正タブにある「アセンブリを作成」ツールのアセンブリ、もうひとつはファミリのタイプパラメータ「アセンブリコード」のアセンブリです。 アセンブリツールのアイコン 「アセンブリ」は製造業やIT業界など様々な分野の専門用語として使われています。「部品を集めて組み立てる」といった意味で使われる事が多いようですが、組み立てる工程を指したり組み立てたもの自体を指したりするなど分野によりちょっとした違いがあるようです。 その1 アセンブリ ツール 「アセンブリを作成」はプロジェクトで選択した個々の要素を部品にして、プロジェクトの中で組み立て品を作るツールです。 例えばキッチンのシンクと吊戸棚をアセンブリにするとセットでひとつの物として扱われ集計やタグ付けができるようになります。アセンブリされたひとまとまりはアセンブリカテゴリのタイプで管理されるようになりますが、部品となった個々の要素は元々のカテゴリを維持します。それによりアセンブリカテゴリ(セットになったキッチン)と個々の部品のカテゴリ(シンク、吊戸棚等)はそれぞれ集計することができる状態になります。 一塊になる まとまっているという状態はグループと似ていますが両者の振る舞いには大差があります。 アセンブリは集計や組立図に必要なビューを自動で作成できますが、グループではそういったことは出きません。他にもグループの要素は編集ができるが、アセンブリに含まれる要素は編集ができない等さまざまな違いがあります。 ※タグはアセンブリ、グループ共に付けられます。 アセンブリを元にビューを自動で生成できる その2 アセンブリコード アセンブリコードはファミリに組込まれているタイプパラメータで、デフォルトではUniformatを参照します。UniformatはRevitをインストールした時に一緒にインストールされるテキストファイルで、アメリカのCSIによって作成された建築の仕様の分類、原価計算、原価分析のための規格です。詳しくは こちら を参照してください。 アセンブリコードはファミリのタイプに用意されている組み込みパラメータ 集計表 カテゴリ別の集計表には「アセンブリ名」「アセンブリ」「アセンブリコード」の3つが表示されます。 アセンブリ名:アセンブリツ