投稿

モデルが見えない時に確認する箇所で打線組んでみた

モデルが平面ビューで見えない! 3Dビューでは見えるのに 平面ビューで見えない! 表示されないのには訳があります 1 カテゴリのチェックが外れている 2 ビュー範囲から外れている 3 部分切断領域が掛かっている 4 フィルタで非表示にしている 5 ビューで要素を選択して非表示 6 フェーズの違いで非表示 7 他のモデルで隠されている 8 ワークセットで非表示 9   トリミングの範囲外で非表示 補1  断面線の表示 補2 詳細レベルで非表示設定になっている 補3 ラインワーク(線種変更) 補4 ビューの専門分野 補5   デザインオプション 補6   ワークセット 準備体操 ■とりあえず電球をクリックしてもし、リビール側に要素があれば1か5が原因 ■要素がある辺りに部分切断領域があるか確認してください。(リビール側も!)あれば3が原因かも ■トリミングのオンオフもしてみてください。9 上記でだいたい当りをつけてから原因を探ると早くゴールに辿り着けるかもですwww 1 カテゴリのチェックが外れている [表示/グラフィックスの上書き]の[モデルカテゴリ]タブ ※このダイアログがグレーアウトして編集不可の場合は、ビューテンプレート側でコントロールされています。 2 ビュー範囲から外れている 殆んどのモデルはビューの②切断面~③下(④ビューの奥行き)の間にあれば表示される カテゴリにより一部例外もあります ビュー範囲の切断面より上部にある要素でも、カテゴリによっては表示される 表示されるカテゴリ:窓、収納設備、一般モデル Revit HELP↓ 3 部分切断領域が掛かっている 設定したビュー範囲からモデルが外れている 4 フィルタで非表示にしている ビューごとにフィルタの設定ができ、表示のチェックをオフすれば非表示になります 5 ビューで要素を選択して非表示 非表示にする要素を選択して右クリック⇒ビューで非表示⇒要素(カテゴリ) ※ビューテンプレートがあてられている場合はカテゴリは選択できません 非表示の解除の仕方 reveal(リビール)訳は<隠

AU2021

イメージ
建設業向けのセッション(日本語)一覧は こちら からどうぞ 開催期間が過ぎても動画は見れます(多分) どれもBIMのプロジェクトⅩですね 超個人的イチ押しセッション★1 デジタルツインに向けたBIM環境の整備(AS500421) Revit Labの閲覧状況はGoogleの分析ツールによって細かく分かるのですが、ここ最近 LOD と コード体系 の記事が常にTOP5圏内をキープしています。 世の中的に注目されているんだなと思いつつも実務で利用したことがないので想像が暴走し気味でした。そんな私に、どストライクなセッションを発見しました! デジタルツイン・国際コード・BIM360・・知りたい情報が満載です( *´艸`) 公開された資料に 「メジャーオイルからの挑戦的な助言」 とか記載されていているし気になり過ぎて草 超個人的イチ押しセッション★2 維持管理におけるBIMの活用(AS500399) ”検証内容” 部分は必見だと思われる。早く「見たい、聞きたい、知りたい」です。 超個人的イチ押しセッション★3 点群・Revit・Inventor・plant3Dを統合したプラントBIM設計(ENR500028) 最近Inventorとちょっと触れ合う機会があり秘かにInventorならお友達になれるかもって思えたのですが、どう使うのかがイメージしきれなかった私には、正にうってつけのセッション。 ※Revitに慣れている人ならInventorもいけると思います。 超個人的イチ押しセッション★4 1から!Navisworks Freedom&Manage 今更Navisと先週まで思っていましたが、やっぱり覚えてみようかと思う今日この頃です。 今年も好きな場所で見放題😍  AU2021

測る① 面積

イメージ
面積は「部屋」または「エリア」で自動的に求められます。スペースでも面積は分かりますが基本は部屋かエリアを使います。 部屋は読んで字の如し部屋の面積で、エリア(領域、範囲)もまた然りです。どちらを利用するかは用途により変わりますので違いをよく理解することが大切です。 概要 面積の出し方はいたって簡単で閉じた境界線の内側に「部屋」「エリア」を配置すると自動的にその範囲の面積が計測されます。 部屋とエリアは配置できるビューが違い部屋は皆さんお馴染みの平面図ビューに配置しますが、エリアはエリアビューというエリア専用のビューに配置します。 プロジェクトブラウザで見るとエリアは平面図ビューではなく、エリアプランに属しているのが分かります。 作業の面から考えると(どの時点で何のために面積を求めるのかにもよりますが)部屋は既に配置されている有り物を使うのでお手軽ですが面積の境界を部屋に縛られてしまいます。一方エリアはセッティングから始めるので少し手間がかかりますが自由に範囲の設定が行え領域に縛りがありません。そのため確認申請の建築面積などはエリアを使って求めます。 面積の境界 ①部屋は部屋ごとに面積を算出 ②エリアはエリア境界線で描画した範囲の面積を算出 ①部屋は部屋ごとに・・ ②エリアはエリア境界線で囲われた範囲ごとに・・ 境界線 境界線となる要素は「部屋」「エリア」それぞれで決められています。 ■部屋は壁と柱と部屋の境界線と呼ばれる線分が部屋の境界になります。 ※床、天井、屋根は容積を出す時に部屋の境界となりますが面積算定には関係ありません。 建築タブ>部屋境界 部屋の境界線になるモデル要素(壁床天井屋根)の「部屋境界」のチェックがオンの時に境界となります。 ■エリアはエリア境界線がエリアの境界になります。 ※エリア境界線以外にエリアの境界になる要素はありません。 建築タブ>エリア境界 結局どちらを使うのか 両者にははっきりとした違いがあるので違いが理解できていれば用途に合わせてどちらを利用するかはさほど迷わないと思います。 違いねぇ 設定するビューが違うというのは前述しましたが、 面積を求める為の考え方の肝となるのは、部屋は配置した部屋ひとつひとつを一単位とし、エリアは(エリア専用のビューを用意してエリア境界線で面積の領域を描画しその中に配置

シートの同じ位置にビューを配置する

イメージ
シートに配置する時に面倒くさっ(-_-;)となる筆頭ではないでしょうか アプリを使ったりDynamoを使ったりする方法もありますが、今回は標準機能にこだわった方法を2つ紹介します。ひとつは王道な方法、もうひとつは超マニアックな方法です 笑 同じ位置に配置したい その1 グリッド機能を使う方法 シートビューの標準機能グリッドを使います。位置合わせツールが使えればもっと便利なのにと思いますが・・・ ①シートビューにビューを配置して位置を調整します。 👇元になるグリッドの位置を調整する ②位置の調整後にガイドグリッドを作成します。 表示タブ>ガイドグリッド>ガイドグリッドを割り当てダイアログが開く>名前を記述>OKでグリッドが表示されます ③位置を合わせる 移動ツールでグリッド線の交点とビューのⅩ、Yの交点を合わせます。 ※位置合わせツールは効きませんが、スナップは効きます。 あなた好みのグリッドに変身💓 端部の青玉 ● をドラックしてグリッド線の範囲を調整できます。 グリッド線の間隔の調整 グリッド線を選択してプロパティのガイド間隔で値を調整します。 👇2枚目以降 ③シートにビューを配置しビュープロパティの「ガイドグリッド」で設定したガイドグリッドを呼び出し,ガイドグリッドを利用してビューの位置を調整します。 その2 シートの原点を使う この方法はまだまだ発展途上中でもう少し洗練させられたらなと思いつつ。。(*´з`)、 原点? 【シートの原点】 シートにはビューを挿入する時に反応する原点と呼べるようなポイントがあります。個人的に勝手に原点と呼んでいるだけで、正確には原点かどうかは分かりませんが、ここでは分かり易く原点と呼んでしまいます( *´艸`)ふふふ 【この方法の考え方】 シートにビューを配置する時のビューの挿入基点はビューの中心になるという特性と、シートの原点にはスナップが効くという特性を利用して配置を行います。 先ずは原点を見てみよう 次の動画はビューを配置する時に、シートビューに原点が青く表示される事を撮ったものですが、、、ここにアップすると何故か青線がほとんど見えなくなってしまいます 涙。なんとなくその辺りなのね・・という目線で動画を見てから実際に試してください。直ぐに分かると思います。 20秒足らずの動画です⌛拡大するとすこーし点線が見える 原点の