投稿

モデルが見えない時に確認する箇所で打線組んでみた

モデルが平面ビューで見えない! 3Dビューでは見えるのに 平面ビューで見えない! 表示されないのには訳があります 1 カテゴリのチェックが外れている 2 ビュー範囲から外れている 3 部分切断領域が掛かっている 4 フィルタで非表示にしている 5 ビューで要素を選択して非表示 6 フェーズの違いで非表示 7 他のモデルで隠されている 8 ワークセットで非表示 9   トリミングの範囲外で非表示 補1  断面線の表示 補2 詳細レベルで非表示設定になっている 補3 ラインワーク(線種変更) 補4 ビューの専門分野 補5   デザインオプション 補6   ワークセット 準備体操 ■とりあえず電球をクリックしてもし、リビール側に要素があれば1か5が原因 ■要素がある辺りに部分切断領域があるか確認してください。(リビール側も!)あれば3が原因かも ■トリミングのオンオフもしてみてください。9 上記でだいたい当りをつけてから原因を探ると早くゴールに辿り着けるかもですwww 1 カテゴリのチェックが外れている [表示/グラフィックスの上書き]の[モデルカテゴリ]タブ ※このダイアログがグレーアウトして編集不可の場合は、ビューテンプレート側でコントロールされています。 2 ビュー範囲から外れている 殆んどのモデルはビューの②切断面~③下(④ビューの奥行き)の間にあれば表示される カテゴリにより一部例外もあります ビュー範囲の切断面より上部にある要素でも、カテゴリによっては表示される 表示されるカテゴリ:窓、収納設備、一般モデル Revit HELP↓ 3 部分切断領域が掛かっている 設定したビュー範囲からモデルが外れている 4 フィルタで非表示にしている ビューごとにフィルタの設定ができ、表示のチェックをオフすれば非表示になります 5 ビューで要素を選択して非表示 非表示にする要素を選択して右クリック⇒ビューで非表示⇒要素(カテゴリ) ※ビューテンプレートがあてられている場合はカテゴリは選択できません 非表示の解除の仕方 reveal(リビール)訳は<隠

Model Coordination ①概要

イメージ
ACC(BIM360)の干渉チェック用のモジュールです 干渉部材は着色して表示される 特徴 RevitのファイルだけでなくACCでサポート*している全てのファイルが干渉チェックの対象となります。 干渉チェックを行うモデルが含まれているフォルダをModel Coordinationで利用できるようにするには設定を行う必要がありますが、一度設定してしまえばいつでも最新のモデルの干渉状況が確認できるようになります。 干渉チェックに利用するモデルはファイル(RVT)単位ではなくファイル内の3Ⅾビュー単位なので、ひとつのファイルに3Ⅾビューが複数**ある場合は、それぞれの3Ⅾビューが干渉チェックモデルとして利用されることになります。 【使い方のヒント】 Revit側で干渉チェックを行いたい要素のみを表示した3Ⅾビューを作成しておけば、効率よく干渉個所の確認が行えるようになります。 *ACCはサポートしていなくても保存は出来るので「保存できる=サポートされている」ではありません。例えばサポートされていなファイルにはrfaファイルなどがあります。 **3Dビューを複数選択してファイルをアップロードした場合 こんな事ができます 干渉チェックした情報を活用するためのツールも色々揃っています。 個人的にちょっと残念なのが、、、 ハードクラッシュ(モデル同士が直接交差した干渉)のチェックなので、クリアランスを見込んだソフトクラッシュのチェックができないのが残念なところです。 現状ではざっくりと干渉個所を知りたい時に利用して、本格的な干渉チェックはNavisを利用しています( ;∀;)惜しい これは検出できる (表面に±0でも接触していれば検出可能) 直接接触していないとスルーされてしまう (驚くほど何を表現したいのか分からない自分の画像に 汗) Revit!Rise!Roar! 記事とは全然関係ないですが「RRR」(インド映画) 観るとBIMだってなんだってなんでもできる気になるので是非劇場で!! Revit2023

AutoDesk Viewer

イメージ
AUTODESKが提供する無償のビューア 3Dモデルが見れます BIMを活用する時に、建築の計画から設計、施工、維持管理までのほとんど全ての期間を通して3Dモデルがコミュニケーションツールの中心になります。 またBIMを活用するには必要なファイルにアクセスできることが大前提となります。 しかし全ての関係者がRevitやACCのライセンスを保有している訳ではありません。 毎回モデルを見る必要はないけれども、時と場合によってはモデルを見た方がいいそんなメンバーにお勧めしたいのが今回ご紹介するAutodesk Viewerです! 【注意】ビューアは見るためのツールなので ファイルをダウンロードすることはできません。 使い方は超簡単! chromeなどのブラウザからファイルがアップロードされているURLにアクセスすれば、特に登録などしなくとも誰でも簡単にモデルを見る事ができます。 但し、ファイルをアップロードしたりマークアップしたりするにはAutodeskアカウントでサインインしている必要があるので、できればAutodeskアカウントでサインインして利用することをお勧めします。 Autodesk Viewerのサイトからアクセス Autodesk Viewerのサイト にアクセスしてサインイン デザインビューに自分でアップロードしたファイルの一覧が表示されます。 自分と自分以外の人がアップロードしたファイルはタブで切り替えて表示します。 無料 利用するにあたり費用はかかりませんが、ブラウザなのでオフラインでは利用できません。 アプリのダウンロード。。 ブラウザでモデルを閲覧するので、このサイトを閲覧できているのなら特にアプリをダウンロードする必要はありません 笑 いつもお使いのブラウザでOK モバイル対応! ブラウザ利用なのでスマホやタブレットからもアクセスできます。 表示期限www データをアップロードしてから31日間が期限です。期限がきたらデータは削除されてしまいますが、延長ボタンをクリックすれば再び31日*まで表示ができます。 *カウントダウンは残り期間なので延長直後は30日間と表示できます。 アップロードした人だけが延長できます 80種類以上! ファイルは3Dだけではなく2Ⅾもサポートされています。 リンクファイル! リンクしているファイルは、ビューアーで統合して表

フィルタの有効/無効

イメージ
V/Gの上書きに設定したフィルタを有効にしたり無効にしたりする機能です。  Revit2021から実装されました 使い方 フィルタはフィルタの設定に従って選択した要素に色付けや非表示設定を行う機能ですが、一度フィルタタブから削除してしまうと設定を行った色付けやハッチングの設定は永久に消えてしまい、フィルタを復活させる場合は再度色やハッチングの設定を行わなければならない不便さがあります。 例えば、特定の壁に色を付けるフィルタを設定したとします。 タイルを貼る壁をフィルタで青色に着色しています タイル壁がなくなったのでフィルタタブから設定を削除しました 青色のフィルタを削除した状態 「タイル壁やっぱり復活」となり再度フィルタを追加すると・・・ ↓ フィルタは選択により追加できるが投影サーフェスや断面の設定は再入力となる 確かに面倒と言えば面倒(=_=) そこで有効/無効を使うと 設定はそのままで、フィルタを無効にできる!ね便利でしょ(棒) 使う? フィルタは条件に基づいて選別するための機能なので、抽出した後でそいつをどうするか(例えば壁を青く塗り潰す)の設定がセットになっていないのは、そんなものだろうと思っていた。とは言えRevitはリクエストが多い順に改善されるシステムらしいのできっとヒャッハーな機能なんだと思う・・・うむ Revit2023

シートリストにプレースホルダ

イメージ
 図面リストにプロジェクトに存在していないシート名を表示する Revitの集計表はプロジェクトに存在するものを自動的に集計します。図面リストも集計機能を使ってプロジェクトにあるシートを拾って作成します。と、言いつつ図面リストにはRevitで作成しないメーカー図なども盛り込まねばなりません。そこでリストに掲載したいがプロジェクトには存在していないシートは*プレースホルダシートを作成して対応することになります。 *プレースホルダとはIT用語でとりあえず入れておく仮の情報を意味します。たとえば「○〇の秋」の○〇にあたる部分がプレースホルダになります。 個人的には食欲の秋🍁 まずは、図面リストの作成 Revitの図面リストは集計表の中の「シート一覧」を使います。表示タブ>集計▼>シート一覧でシートリストプロパティが開きます。 リストに表示させたいパラメータを選択して使用予定のフィールドへ移動したらOKをクリックでシートリストが作成できます。 プレースホルダシートの作成 仮のシート名とシート番号を作成する方法です。 シートリストビューを開いてリボンの「データ行を挿入」をクリック。 リストの末尾に行が追加されます。これでプレースホルダシートは完成です( ゚Д゚)え 秒です 笑 シート番号やシート名は自由に上書きできるので必要に応じて書きかえます。 超簡単! リストに表示するだけじゃない リストに名前だけ設定した仮のシートは、新規でシートを作成する時の選択肢のひとつになります。 仮に作成したシート名は、表示タブ>シート>新規シートダイアログの下段のプレースホルダ―シートを選択に表示されるので、実際にシートを作成する時に名前をクリックしてシート名やシート番号が反映したシートを作成します。 Revit2023

タグの長さの調整

イメージ
 タグは属性情報を表示するRevitになくてはならないファミリですが、タグの核になっている*ラベルには文字列の長さに合わせて自動的に改行を行う機能(正式にはなんて呼ぶのでしょうか?)がある事をご存じですか? *ラベルはパラメータの値を表示させる時に使うRevitの機能です。タグファミリに表示するパラメータをラベルに載せて好きな場所にペタッと貼り付けて利用します。 英語のlabelの意味も「中に入っているものの名前や原材料名など、中に何が入っているかを表示するもの」という事なのでそのまんまですね 笑 ↑いわゆるラベル 長さを自動調整 タグに表示する文字列の長さは自動で調整できますΣ(゚Д゚) そんな設定あったけ? 長さの設定 設定はラベルの周辺に表示される四角形で行います。 この四角の長さには意味がある 【重要】 先に言っておきますが タグに表示する文字列の長さを自動で調整する機能と紹介しましたが、この機能は単語と単語の切れ目に半角スペースが入る英語やそれに近い言語には適しているけれども、単語同士の間に半角スペースがなくても意味が通じる日本語ではイマイチ使えない機能です(と、断言してしまいます)。ただこれどうやって使うの?っていう疑問の解消と、頭の固い私では思い浮かばない素敵な使い方提案していただけたらという気持ちで、お彼岸に記事を書いてます(合掌) 改めて解説 Revitのタグに仕込まれているラベルは、一列に表記する文字の長さを半角スペースの位置で自動的に改行するという機能を持っています。 改行する時の基準の長さは、ラベルの周辺に表示される四角形の幅で決まります。この四角形の幅よりも長くなった文字列は半角スペースの位置で強制的に改行を行います。つまり四角形の幅と実際の文字列の半角スペースの合わせ技で自動改行が行われる仕組みになっています。 例えば下図の様に四角の横の長さを半角5文字ギリギリの位置になるように設定したとします。 半角スペースも一文字としてカウントされます このラベルで設定したタグを使って室名cardiovascular surgery(心臓血管外科)を表示すると下図の様に半角スペースの所で自動的に改行がおこなわれた状態で表示されます。 うん、便利だ 日本語に向かない理由 上記のcardiovascular surgeryを日本語の心臓血管外科で表記した