投稿

モデルが見えない時に確認する箇所で打線組んでみた

モデルが平面ビューで見えない! 3Dビューでは見えるのに 平面ビューで見えない! 表示されないのには訳があります 1 カテゴリのチェックが外れている 2 ビュー範囲から外れている 3 部分切断領域が掛かっている 4 フィルタで非表示にしている 5 ビューで要素を選択して非表示 6 フェーズの違いで非表示 7 他のモデルで隠されている 8 ワークセットで非表示 9   トリミングの範囲外で非表示 補1  断面線の表示 補2 詳細レベルで非表示設定になっている 補3 ラインワーク(線種変更) 補4 ビューの専門分野 補5   デザインオプション 補6   ワークセット 準備体操 ■とりあえず電球をクリックしてもし、リビール側に要素があれば1か5が原因 ■要素がある辺りに部分切断領域があるか確認してください。(リビール側も!)あれば3が原因かも ■トリミングのオンオフもしてみてください。9 上記でだいたい当りをつけてから原因を探ると早くゴールに辿り着けるかもですwww 1 カテゴリのチェックが外れている [表示/グラフィックスの上書き]の[モデルカテゴリ]タブ ※このダイアログがグレーアウトして編集不可の場合は、ビューテンプレート側でコントロールされています。 2 ビュー範囲から外れている 殆んどのモデルはビューの②切断面~③下(④ビューの奥行き)の間にあれば表示される カテゴリにより一部例外もあります ビュー範囲の切断面より上部にある要素でも、カテゴリによっては表示される 表示されるカテゴリ:窓、収納設備、一般モデル Revit HELP↓ 3 部分切断領域が掛かっている 設定したビュー範囲からモデルが外れている 4 フィルタで非表示にしている ビューごとにフィルタの設定ができ、表示のチェックをオフすれば非表示になります 5 ビューで要素を選択して非表示 非表示にする要素を選択して右クリック⇒ビューで非表示⇒要素(カテゴリ) ※ビューテンプレートがあてられている場合はカテゴリは選択できません 非表示の解除の仕方 reveal(リビール)訳は<隠

測る③ 面積あるある エリア編

イメージ
エリアもまた あるあるネタ の宝庫 あまり嬉しいあるあるはない ■自動作成の甘い罠 自動的に外部壁に関係したエリア境界を作成→はい(゚Д゚;)したら・・ エリア境界線の位置の移動できない境界線になってしまった (;_:) ➡自動で作成したエリア境界線は「エリア規則」が適用されているため自由に移動ができません。使い勝手が非常に悪いので、自動で作成しますか?って聞いてきたら「いいえ」とお断りしてください。 ■限界寸法 部屋よりはずっと小さな範囲ですが、エリアにも配置の限界があります。 19mmの範囲にはエリアを配置できますが、幅が19mm以下の場合はエリアが配置できません。 エリアは部屋と違いヘルプに限界寸法について明言されてはいません。しかしエリアが配置できないのは既成の事実なので、ここに明言してしまいます。エリアの限界寸法は19mm! これくらいならと思うかもしれませんが、以前Rのある物件で端っこに19mm以下の端数がある面積計算がでてしまい、涙しました。 ■エリア境界線が目立たない 「ずっと見えにくいなって思ってました」と言われたのですが色は変えられます ➡エリア境界線は線分カテゴリの中に含まれているので、色太さの調整ができます 管理タブ>その他の設定>線種:<エリア境界> ■エリアのタイプの追加どこでやるの 「新しいエリアプラン」ダイアログのタイプを編集ボタンはグレーアウトしていてこちらからはタイプの作成ができません。 エリアタイプは、建築タブ>リボンのパネルタイトル「部屋/エリア▼」をクリック>面積と容積の計算をクリックで面積と容積の計算ダイアログが表示される>エリアスキームタブ>新規作成で新しいエリアタイプの追加ができます。 ■エリアタイプって何なの? エリアタイプについて知りたい方は こちらを参照 してください。 ■エリア規則を適用してしまった 汗 エリア境界を描画する時にオプションバーのエリア規則を適用のチェックを入れて描画してしまい、後から大後悔 デフォルトでチェック入っているの止めてもらいたい ■参照した壁の移動に追従しない エリア境界線を描画する時に壁とロックをしている場合はエリア境界線も移動しますがロックしていない場合は追従しません。 配置する時に壁にロックする場合は、 建築タブ>エリア境界>オプションバーのエリア規則を適用のチェック

測る② 面積あるある 部屋編

イメージ
 面積関連は あるあるネタ の宝庫でございます 笑 それな ■限界面積に泣く PSみたいな小さな範囲に部屋を配置しようとした時に置けなくて?からの理由を知って涙なんて甘酸っぱい経験は誰もが一度は通る道 306mm未満のスペースに置けない USには30㎝以下の名前がつくスペースはないのでしょうか😫 ちなみに、部屋が配置できなかったPSなどの室名は文字で書き込まず「一般注釈タグ」を使うのがいいのではと思っていますが、皆さんはどうしていますか? ※カテゴリ名にタグと付いていますがモデルと紐付いてはいないです。。念のため。。 ■余りにも緩やかなカーブには追随できない 緩やかなカーブの壁がある部屋に「部屋」を配置します。 矢印の部分の壁が緩やかにカーブしている 拡大すると、壁と部屋がズレている まー取るに足らない誤差ですが、誤差は誤差ですよね ちなみにエリアはこの精度が一段階上がります。 互いの境界がキレイに合わさっています 敷地境界は部屋よりも一段階精度が荒くなります。 面積も色々考えられているんですね。無駄な事はしないRevitさんらしい振る舞いですね。 ■フェーズを跨がない 部屋はフェーズを跨がない事にフェーズを切り分けた後で気が付くのは鉄板 笑 部屋には今しかないんですね 他のオブジェクトには開始(構築)と終了(解体)がある ■上下階の部屋 上下階に跨ぐ部屋限界、あ、これは容積問題ですね 階段室の容積に///を含める事が出来なかった ■パラメータの値をプリセット カラースキームで設定できます。これマジ便利なので是非! やってもやっても知らない事が出てくる。 Revit2020

AU2021

イメージ
建設業向けのセッション(日本語)一覧は こちら からどうぞ 開催期間が過ぎても動画は見れます(多分) どれもBIMのプロジェクトⅩですね 超個人的イチ押しセッション★1 デジタルツインに向けたBIM環境の整備(AS500421) Revit Labの閲覧状況はGoogleの分析ツールによって細かく見ることができるのですが、ここ最近 LOD と コード体系 の記事が常にTOP5圏内をキープしています。 世の中的に注目されているんだなと思いつつも実務で利用したことがないので想像が暴走し気味でした。そんな私に、どストライクなセッションを発見しました! デジタルツイン・国際コード・BIM360・・知りたい情報が満載です( *´艸`) 公開された資料に 「メジャーオイルからの挑戦的な助言」 とか記載されていているし気になり過ぎて草 超個人的イチ押しセッション★2 維持管理におけるBIMの活用(AS500399) ”検証内容” 部分は必見だと思われる。早く「見たい、聞きたい、知りたい」です。 超個人的イチ押しセッション★3 点群・Revit・Inventor・plant3Dを統合したプラントBIM設計(ENR500028) 最近Inventorとちょっと触れ合う機会があり秘かにInventorならお友達になれるかもって思えたのですが、どう使うのかがイメージしきれなかった私には、正にうってつけのセッション。 ※Revitに慣れている人ならInventorもいけると思います。 超個人的イチ押しセッション★4 1から!Navisworks Freedom&Manage 今更Navisと先週まで思っていましたが、やっぱり覚えてみようかと思う今日この頃です。 今年も好きな場所で見放題😍  AU2021