投稿

モデルが見えない時に確認する箇所で打線組んでみた

モデルが平面ビューで見えない! 3Dビューでは見えるのに 平面ビューで見えない! 表示されないのには訳があります 1 カテゴリのチェックが外れている 2 ビュー範囲から外れている 3 部分切断領域が掛かっている 4 フィルタで非表示にしている 5 ビューで要素を選択して非表示 6 フェーズの違いで非表示 7 他のモデルで隠されている 8 ワークセットで非表示 9   トリミングの範囲外で非表示 補1  断面線の表示 補2 詳細レベルで非表示設定になっている 補3 ラインワーク(線種変更) 補4 ビューの専門分野 補5   デザインオプション 補6   ワークセット 準備体操 ■とりあえず電球をクリックしてもし、リビール側に要素があれば1か5が原因 ■要素がある辺りに部分切断領域があるか確認してください。(リビール側も!)あれば3が原因かも ■トリミングのオンオフもしてみてください。9 上記でだいたい当りをつけてから原因を探ると早くゴールに辿り着けるかもですwww 1 カテゴリのチェックが外れている [表示/グラフィックスの上書き]の[モデルカテゴリ]タブ ※このダイアログがグレーアウトして編集不可の場合は、ビューテンプレート側でコントロールされています。 2 ビュー範囲から外れている 殆んどのモデルはビューの②切断面~③下(④ビューの奥行き)の間にあれば表示される カテゴリにより一部例外もあります ビュー範囲の切断面より上部にある要素でも、カテゴリによっては表示される 表示されるカテゴリ:窓、収納設備、一般モデル Revit HELP↓ 3 部分切断領域が掛かっている 設定したビュー範囲からモデルが外れている 4 フィルタで非表示にしている ビューごとにフィルタの設定ができ、表示のチェックをオフすれば非表示になります 5 ビューで要素を選択して非表示 非表示にする要素を選択して右クリック⇒ビューで非表示⇒要素(カテゴリ) ※ビューテンプレートがあてられている場合はカテゴリは選択できません 非表示の解除の仕方 reveal(リビール)訳は<隠

ワークセット

イメージ
 ワークシェアすると利用できる機能 お約束 ワークシェアのファイルは席を立つ前に必ず同期をする 概要 Revitにはカテゴリやフェーズなど、モデルの要素を分類する方法が幾つも用意されていますが、ワークセットもモデルを分類する方法のひとつです。 例えば、カテゴリは要素を部位別に分類し、フェーズは要素を時間で分類していますが、ワークセットは複数のメンバーでの編集作業をし易くする為(だと個人的には思っている)に要素を権限の制御で分類しています。 制御したい操作のワークセットを要素にあてれば”管理者だけがその要素を編集できる”とか”自分に不必要なワークセットを非表示にして操作性を向上させる”などのコントロールが可能になります。 色々な分類があるんだな いずれかに属してる ワークシェアしているプロジェクトの要素はいずれかのワークセットに属しています。 洗面台が”ワークセット1”に属していることを示しています 変更可能 ワークセットの種類は後から変更できます。 ワークセットを作成 ワークセットはワークシェアを行った時に一緒に作成されます。 ※先にワークセットを作成する事もできますが、ここではコラボレートツールでワークシェアリングを行い、同時にワークセットも利用可能にする方法を説明します。 コラボレートタブ>コラボレート>(モデルを保存して続行)>ファイルの保存場所を選択:中央モデルの保存場所>OK>ACC/BIM360の場合はフォルダを指定>保存 ワークセット関連のツールが利用できない ワークセット関連のツールが利用できる 既定のワークセット ワークセットはデフォルトで「ワークセット1」と「共有済みのビュー、レベル、通芯」が用意されていて、ワークセットを作成する時に既に配置されていた(レベルと通芯以外の)要素は、全てワークセット1となります。またワークセット1の名前はこのまま利用してもかまいませんが、変更しても特に問題は有りません。 ワークセットを追加 ワークセットは自由に追加する事ができます。 コラボレートタブ>ワークセットをクリックでワークセットダイアログが開く>新規作成>名前を付けてOKでワークセットが追加できます。 ワークセットの名前の変更と削除 ワークセットの削除と名前の変更はオーナのユーザーが行えます。 オーナ ワークセットを独占的に編集する権利を持っている人がオー