モデルが見えない時に確認する箇所で打線組んでみた

モデルが平面ビューで見えない! 3Dビューでは見えるのに 平面ビューで見えない! 表示されないのには訳があります 1 カテゴリのチェックが外れている 2 ビュー範囲から外れている 3 部分切断領域が掛かっている 4 フィルタで非表示にしている 5 ビューで要素を選択して非表示 6 フェーズの違いで非表示 7 他のモデルで隠されている 8 ワークセットで非表示 9   トリミングの範囲外で非表示 補1  断面線の表示 補2 詳細レベルで非表示設定になっている 補3 ラインワーク(線種変更) 補4 ビューの専門分野 補5   デザインオプション 補6   ワークセット 準備体操 ■とりあえず電球をクリックしてもし、リビール側に要素があれば1か5が原因 ■要素がある辺りに部分切断領域があるか確認してください。(リビール側も!)あれば3が原因かも ■トリミングのオンオフもしてみてください。9 上記でだいたい当りをつけてから原因を探ると早くゴールに辿り着けるかもですwww 1 カテゴリのチェックが外れている [表示/グラフィックスの上書き]の[モデルカテゴリ]タブ ※このダイアログがグレーアウトして編集不可の場合は、ビューテンプレート側でコントロールされています。 2 ビュー範囲から外れている 殆んどのモデルはビューの②切断面~③下(④ビューの奥行き)の間にあれば表示される カテゴリにより一部例外もあります ビュー範囲の切断面より上部にある要素でも、カテゴリによっては表示される 表示されるカテゴリ:窓、収納設備、一般モデル Revit HELP↓ 3 部分切断領域が掛かっている 設定したビュー範囲からモデルが外れている 4 フィルタで非表示にしている ビューごとにフィルタの設定ができ、表示のチェックをオフすれば非表示になります 5 ビューで要素を選択して非表示 非表示にする要素を選択して右クリック⇒ビューで非表示⇒要素(カテゴリ) ※ビューテンプレートがあてられている場合はカテゴリは選択できません 非表示の解除の仕方 reveal(リビール)訳は<隠

Autodeskへの公開書簡 2020夏の陣

 2020年の夏はコロナ禍が世界を席巻しましたが、私の心の中をザワつかせたのはイギリスの著名な設計事務所の方たちがAutodeskへ送った公開書簡でした。



ざっくり説明すると、ザハ・ハディッド・アーキテクツやロジャース・スターク・バーバーアンド・パートナーズなどイギリスに本社を置く25の建築会社(そのうち公に署名をしたのは17社)がAutodeskのCEO宛てに公開書簡を送りました。主にRevitの開発の遅れとコストの上昇に対する不満などが綴られているもので最後は未来に向けて「顧客中心、非敵対的、革新的、進歩的、そして成果物」を提供するよう求めて締めくくられています。

この書簡が発行された数日後に副社長が返答をしています。ただこの返答は読み進めるといつの間にかPRモードになってゆくもので、更に「手紙の全てに同意する訳ではありませんが、私たちは耳を傾けることにコミットしています」という一文が燃料投下となり怒りを拡大させてしまいます。そこで約3週間後に今度は社長による返答が行われます。

この中で社長はRevitの機能の開発があまり進んでいない事は認めたものの、送った公開書簡に対する異議も多く唱えています。そしてAUTODESKが「AEC用の次世代プラットフォーム」に取り組んでいることなども書いています。

レンダリングの事が知りたくて色々ググっていた時に、たまたまこのやり取りを知ったのですが、疑問はあるものの「仕方がないとか」「どうせ変わらない」とか言って変わらない事を受け入れてしまっていた自分にっとて、地球の裏側で起きたこれらの事は非常にセンセーショナルな出来事でした。

そして「やっぱり変わらないんだっ」て思ったのは私の英語力のなさが見せた幻でしょうか。。。いえいえGoogle先生も最近は本当に立派になられてとてもニホンゴジョウズデスからやはり現実なんでしょう。
👆2021のアップグレードで超アップグレードをしてくれました(20210418)

末端でRevit操作をチマチマ行いながら眺めたお山の上の攻防は、真夏の夜の夢の様で面白かった(←こんだけ毎日Revit触っているのに、他人事な自分って( ;∀;))。。。
ちなみにシェイクスピアの真夏の夜の夢の一節

「あたしはあの人のいいところばかり憧れているのかもしれない・・・」

これは自分とRevitの関係なのかもしれない・・涙

2020.10.06